慢性的な看護師の不足

看護師求人の現状について説明します。看護師は患者さんの心身のケア、生活環境、社会的な立場を総合的に判断して最適な医療環境を提供する仕事なので、非常にニーズの多い職業といえます。そのため就職率は100パーセント近くもあり、求人募集や転職募集もたくさん溢れています。これが看護師求人の現状です。また看護師はどの病院でも不足しており、医師や看護師の絶対数の不足は深刻な問題になっていますので、看護師資格をもっていれば就職も転職も特に問題はありません。日本はこれからますます高齢化社会に向かっていきますので、看護師求人の現状が大きく変わることはありません。看護師不足に困っている病院などでは、看護師を派遣してもらってでも確保しようとするところが増えています。看護師の仕事は心身ともに非常にハードなので、結婚したり出産したりすると辞めていく人が多いのです。ところが看護師の仕事を派遣でやれるとなると、家事や子育てと両立できるので、再び看護師の仕事に戻ってくる人も増えてきます。このように看護師の求人情報はとても恵まれているのですが、だからといって安易な転職は控えた方がいいのです。技術力の向上やスキルアップのためには新たな病院への転職が必要でしょうが、そうでない個人的事情で転職を繰り返すと、看護師としての信用にもかかわってきます。ですから転職をする場合には、なぜ転職するのかなどの理由を明確にしておく必要があるのです。