結婚や出産がきっかけの転職

ナース転職のきっかけには、さまざまなことがありますが、結婚や出産がナース転職のきっかけになることもあれば、ナース自身の体調によることや、家族が体調を崩して、その介護をしなければならなくなってしまった場合などもナース転職のきっかけになります。私自身は、ナースではないのですが、医療関係の仕事をしていて病院で勤務をしています。そのため、職場でナースの方に接することが、たくさんあります。ナースの方は病棟で見かけても、いつも皆さん忙しそうで慌ただしく動いておられます。ナースの仕事内容には、検温や点滴や採血、服薬管理や栄養管理、血糖値チェックだったり排便コントロール、患者さんや患者さんの家族を招いてのカンファレンスで、患者さんの今後の治療方針を決めるために情報提供をしたり、カルテ記載や申し送りをしたり、患者さんがリハビリテーションがあるときやレントゲンや血液検査に行く時には車椅子送迎をしたりすることもありますし、非常に忙しくバタバタと慌ただしく動いておられます。その上、ナースの勤務体系は夜勤や早朝勤務などもあり、不規則です。このため体調を崩してしまうナースもたくさんいて、そのことがナース転職のきっかけになることが多いです。ナース自身が若くて、自分の体力に自信のあるうちは不規則な生活リズムでも大丈夫ですが、加齢に伴って若い頃と同じようには体がついていかない場合もあります。そうなると、短時間労働ができる職場に転職することがあります。

コメントは受け付けていません。